2004.06.05

■ 湾岸戦争…モノラル出力?

 さんたるる師がNMK社で最後に関わられた作品となります「湾岸戦争」。メガシステム32基盤で作られておりサウンドも相変わらずの名曲と噂のゲームであります。申し訳ないことに私はサウンドは聞いたことがない…どころのレベルでなく画面すら拝んだことがないという腐れ外道ですので(苦笑)、故に以下の内容は手元にある随分前にコピペしてあった出所不明なメモを参照にして書かれております。毎度のように不確かな情報で申し訳ありあせんが、もし間違いなどありましたら疾風迅雷にツッコミ下さいませ(^^; また、「以下の情報の出所ってウチじゃないですか?」みたいな苦情も大歓迎でございます。鬱陶しいかもしれませんが、その際はご挨拶に伺わせて頂きますので是非にもそこんとこヨロ(笑)

 で、その湾岸戦争なのですが、パッと聞いた感じではモノラルでサウンドが鳴っているそうなのです。じゃ、曲データもモノラルで鳴らすことを念頭に作られているのか?というと、どうもそうでもないらしく『曲をよーく聞くと明らかにパンニングを行っているパートがあるのです。だんだん聞こえなくなっていき、また聞こえてくる』のだとか…。また、より一層確かな情報として『さんたるる氏に以前お会いしたときに「ちゃんとステレオで曲を作った」とおっしゃっていました』とのコメントも添えられておりました。

 『基板の設定をステレオにしてちゃんと配線を行っても「右の音声出力」からも「左の音」が出る』そうなので、メガシステム32基盤自体が抱えているバグなのか、湾岸戦争が使用している音源ドライバが問題なのかはちょっと判りかねますが…このように不完全な状態で市場に出回ってしまったのは非常に残念なことです。さんたるるサウンド以外にも名曲多し、と評されるNMKですから、いっそこの湾岸戦争も完全な状態で再録等して、NMK作品集なサントラなぞ出て頂ければ嬉しい所なのですけど…版権や採算性の問題からちょっと無理ですか、ね(苦笑)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://noppo2.skr.jp/mt/mt-tb.cgi/35

コメント

基板を持っていたので調べてみたところ少々の改造でステレオ化できました。
簡単に説明すると基板上のD/Aコンバータ(YAC153)の石から信号を引っ張ってきて
あらかじめ用意したDAI->S/PDIF(光)コンバータに入力するとデジタル出力が出ます。

投稿者 そ : 2004年11月13日 13:45

石から直接取り出せばイケるということはソフト側の異常ではなく、
基板側の結線に何らかの問題があったのでしょうね。
貴重なレポートありがとうごさいました m(_ _)m

投稿者 のっぽ2号 : 2004年11月16日 07:29
コメントする




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)